京大卒メガバンカーのびぼろぐ

人生設計に悩むメガバンカー 受験や資格勉強法について記載します

世界史への取り組み方【京大卒による京都大学1年半合格法】

スポンサーリンク

 

 

 

世界史勉強法まえがき

 

京大では、センターと二次のどちらかで使用します。

 

今後の入試だとどうなるんですかね?センターがなくなってしまうので、

今年?来年の受験生は大変ですね、、

京大はセンターコケても大丈夫なので、二次力を鍛えましょう。

 

世界史は地味に差がつく科目です。

数学が得意な人とかは、配点が比較的少ないことから勉強しない傾向があります。

そんな人を巻くれるのが世界史です。

やったらやった分だけ点数が上がります。

勉強が得意でない人も、教科書を読んでるだけで点数が出るので、最初に成績が上がる成功体験ができ、勉強を頑張るモチベーションにすることができます。

実際に私がそうでした。英数国はなかなかすぐに結果は出なかったですが、地歴はすぐに偏差値が上がったのでスランプに陥ることなくモチベーションを維持できました。

世界史の先生が好きだったというところもありますが笑

 

使用教科書

 

それでは、使用する参考書を紹介します。

 

 

 

 一問一答

山川

東進

 

一問一答は論述対策で、問題文→答えだけでなく、逆もできるようにしましょう。正直世界史が好きでないと難しいです。私は世界史の勉強が他教科の息抜きになるくらい好きになれたので苦ではありませんでしたが。これができるようになると本番で70点狙えます。平均が50点弱なので、安定して20点稼げます。数学1完分と思えば大きいか小さいはあなた次第です。

東進は難易度が高い問題もあるので、山川を一周して更に勉強したい場合は手を出しましょう。学校では山川しかやってませんでした。

 

 

教科書

山川

荒巻

 

教科書は、基本的に山川でいいのですが、山川の文章を読んでいると頭が痛くなってくるので 口語体で書かれている荒巻もおすすめです。コツは、何度も繰り返して読むこと、世界史を好きになることです。人物の行動に共感したり、歴史的建造物に感銘を受けることができる人なら、世界史を得意教科にする素質があります。語り出すときりがないのでこの辺にしておきます。

 

 

 

問題

新世界史研究ノート 応用編

過去問

 

研究ノートは3週以上しました。京大の形式に似ているので、本番の点数に直結します。 過去問の難単語は本番で出る可能性もあるので、覚えるようにしましょう。

 

論述対策

京大の論述は東大と違って訳のわからない問題は出ません。教科書が分かれば自然と書けます。私が行っていた対策は、一問一答を逆でも言えるようにすることと、教科書を見ながら論述を書くことです。正直、いきなり何も見ずに論述を書けと言われても書けません。このやり方でコツをつかみ、教科書を用いた授業が1週してから本番用に何も見ずに論述を書く準備をしましょう。

論述の解き方はいたってシンプルです。題意に沿う、一問一答単語を連想して、それを文章にして下さい。おそらく配点は単語ごとに割り振られているため、できるだけ多く世界史単語を論述に入れてください。これで点数を稼ぐことができます。

 

 

あとがき

 

世界史は好き嫌いが分かれると思います。好きなら、英語数学よりも点数が安定する武器になりますが、嫌いでも主教科で挽回できるので心配しなくてもいいです。

世界史20点で余裕合格した友人を知っています。数学で余裕で持っていけます。

でも、今後の人生で世界史は生かされることが多いと思うので、ぜひ勉強してほしいです。