京大卒メガバンカーのびぼろぐ

人生設計に悩むメガバンカー 受験や資格勉強法について記載します

【3年目社員が語る】メガバンで身につくスキル【就活】

スポンサーリンク

f:id:oketcyan1004:20190624225804j:image

 

 

 

 

 

・まえがき

就職活動時には、メガバンクで何を学べるのかを考えてもわからないことが多いですよね。 実際に入行した私が実体験に即してまとめてみたいと思います。

 

・対人折衝能力

新入行員は、約3ヶ月の研修後に支店、支社配属になります。そこで法人担当として日々取引先と営業するのですが、銀行も経営難から経費圧縮のために支社の人数を減らしています。その分個々人の取引先数が多くなり、より密度の高い対人折衝能力が求められます。

 

 

・資格

内定時から勉強の嵐ですが、様々な資格を取ることができます。ザルのような試験も混ざっていますが、10個弱の資格は必須となっています。入社までに取得必須である証券外務員も2週間はきちんと勉強しないと受かりません。

 

具体的には以下です。

 

生命保険資格 3種類

損害保険資格 3種類

証券外務員

その他銀行内部の資格

 

ここまでマスト

 

簿記2級までは持っている人が多い

TOEIC

FP

宅建

証券アナリスト

 

メガバンクは福利厚生がしっかりしているため、全て報奨金が出て、受験料はペイできるので、在籍している間にたくさん取得しておいたほうが良いです。

 

また、実務で使える知識が多いので、持てば持つほど営業に役立ちます

 

 

 

・ストレス耐性

 

基本的に仕事がなく暇な時はないので、時間に追われるプラス、上司や取引先ガチャに外れた場合は更なるストレスが押し寄せます。

 

最初の2年がキモで、そこからは慣れてくる人が多いです。そこを乗り越えた人材は転職時にも評価されると思います。(実際はすぐ辞めても全然いいところ就職してます。みなさん)

 

・支社では、顧客提案する資料は自動出力できるものが多いですが、本部ではエクセルパワポの嵐です。謎の決まりが多いので見にくいこともありますが、作成能力は確実に上がります。

 

・タイムマネジメント

三菱は残業規制を真摯に守っているので、支社では月30時間程度で残業打ち止めでした。申請すれば延長できますが、回数制限があります。残れない分密度を上げ切らないと全く仕事が回りません。

 

・財務分析

融資管理を行う際に、必ず財務分析をします。機械化されている部分はありますが、最終決定を下すのは依然人間です。決算書とにらめっこの日々で身につけてください。

 

 

・あとがき

 

メガバンクで身につく能力がイメージ出来たでしょうか。RMは雑用からコンサルまで全て執り行う何でも屋なので、やる気さえあれば様々なスキルを身に付けることができます。

ファイティン!